<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 猫ちゃんの手作り栄養補給食「ギー」 | main | 天使のようなねこちゃんが、天使になりました >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*別な病院へ(セカンドオピニオン)*
尿検査をして、とりあえず数値は悪くなっていないという結果をもらった猫ちゃんでしたが、その後も夜中の嘔吐が止まらず、もう一度病院へ行く事にしました。

背中の皮を引っ張ると、脱水症状にもなっているような気がするし...。
そろそろ血液検査もしてもらおうと思い、猫ちゃんを病院へ連れて行きました。
診断は、胃酸過多かもしれないのでお薬を出します。血液検査は12時間以内に何も食べない状態でした方がよいですという事でした。
一番心配だった脱水症状は、年相応ということでそのままおうちへ帰ってきたのです。
お薬のおかげか、嘔吐は止まったものの食事ができない状態は続きました。
お腹は空くみたいなのに、気持ちが悪そうで口をくちゅくちゅしてしまうのです。

連休明けに思い切って別な病院へ連れて行くことにしました。
人間だとセカンドオピニオンとでも言うのでしょうか。
今までの先生も優しくて評判の良い先生でしたが、別な先生に本当にこのままで良いのか聞きたかったのです。

それで友人の高齢猫「にぁ〜」ちゃんのかかりつけの女医さんのいる病院に行きました。
電車で駅4つの長旅ですが、少しでも猫ちゃんを楽にしてあげたいと思い決断しました。

今までの経過と検査の結果を先生に見てもらい、色々なアドバイスを頂きました。
診断は、まず脱水症状が激しいのですぐに補液をした方がよいし、貧血、低体温、舌の荒れなどの症状から、あまり良くない状態ですよと言われました。
先生と高齢の猫の状態についてお話ししているうちに、この先生にお任せした方が猫ちゃんも私も良いのかもしれないと判断しました。
そのくらいもう緊急な状態だったとも言えるのですが...。
いくつかの治療をしてもらい、このまま家で様子をみることに決めました。

先生からは、
まず体力を付けるために、好きなものを少しづつ食べさせてみる事。
腎臓療法食を食べなければ、無理をしないで一般の食事を与えても良い事。
血液検査は、この状態なら絶食させないでしていただける事。
その他いろいろなことを先生から言われ、少し気持ちが楽になりました。
高齢猫という事を考えると、単純に腎臓病の治療を当てはめてはいけないのかもしれません。
家で、人間用の体温計を脇や足の付け根に挟んで熱を測る方法も教えてもらいました。
この時猫ちゃんは37.1度しかなく、かなり危険な低体温だったようです。
普段から体温を測って状態を把握するのが良く、体温は低い方が危険だと言う事も初めて知りました。
本当に勉強不足の飼い主だと落ち込んでしまいます。

以前の動物病院は、ワンちゃんが多くて待ち時間の間も可愛そうでしたが、この病院は基本的に猫だけで犬を受け入れていません。
それもこちらの病院へ移る判断になりました。

帰り際、何かあったら電話で指示ができるようにとご自分の携帯電話番号を教えて下さり、夜間の動物救急というシステムがあると名刺もくれました。
不安な気持ちがちょと和らぎ、涙が出るほどうれしかったです!

病院から帰ってきた猫ちゃんは、翌日さっそく少しご飯を食べましたよ!
熱も平熱に戻り、今は落ち着いています。
自宅で補液ができるように、病院で3日間一緒に練習もしました。
これは延命治療なのかもしれませんが、猫ちゃんが自分でご飯を食べようとする間は補液をしてあげようと思っています。

今はぐっすりと気持ち良さそうに眠っている猫ちゃんです。
見ていると、愛おしさが心から溢れ出て切ない気持ちになっちゃいます。
母から電話で、猫ちゃんはあなたとのお別れの時間を作ってくれたのだから、期間を考えずに大事にしてあげなさいと言われました。
いつかは別れが来る事、命には限りがある事、私には一番考えたくない事だったのかも。
1ヶ月なのか1年なのか、神様にしかわからない残りの時間です。

今日、はじめて一人で補液をしました。緊張で手が震えました〜〜。
何度か失敗して、針を数回刺しちゃいましたが、猫ちゃんはまるで大丈夫だよという風に私を見上げてました。アリガトネ!

猫ちゃんの闘病のブログにはしないつもりなので、もう少したったらまた野良猫さん写真とかを紹介したいなと思っています。
もし万が一猫ちゃんが復活して外にお散歩へ行く事ができたら、ご報告がてら猫ちゃん写真をアップしますね(^^)

今回は、同じように不安を持っている方に今後の参考にして欲しくて書きました。

私も猫ちゃんも、今は落ち着き元気です!
猫ちゃん 熟睡
*吐き気がおさまり、やっとぐっすり眠れるようになったみたいです。

JUGEMテーマ:MIX猫


* comments(24) * trackbacks(0) * うちのねこちゃん * 13:35 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 13:35 *
コメント
ホッとしました。
でも病院を替えてみて良かったですね!
不安がある時は病院をいくつか回ってみることも大切だと聞いています。
それぞれに得意な分野が違うようです。
猫ちゃんは自宅療養で頑張っているんですね。
緊急の時以外は家族の元にいる方が安心するので精神的に良いのだそうです。
shironyanさんもしばらく大変でしょうが猫ちゃんとの時間を大切にしてあげて下さいね。
猫ちゃんもきっとshironyanさんにすごく感謝していると思います!
猫ちゃん、shironyanさんも頑張れっ
応援しているよーーー
* まりまお * 2008/02/16 4:24 PM *
まりまおさん、コメントありがとう!
ちょっと数日落ち込んでしまいましたが、今は前向きな気持ちになれました(^^)

本当に病院っていろいろですね。老猫科という科のある病院もあるようだし、得意な分野の病院を見つけるのって大事ですね。
ペットの救急車があるっていうのも初めて知った無知な私です(^_^;)
病院から帰るとお互いぐったりしてしまうので、自宅で療養できて本当に良かったです。

まりまおさんの温かな応援コメント、とても嬉しかったです。ありがとですm(__)m
* * まりまおさんへ * * 2008/02/16 5:07 PM *
shoronyanさん、こんにちは。
ちょっとご無沙汰している間に猫ちゃんの身にこのような事が起こっていた事を知り驚きました。
ご存知のように、僕は昨年末に自分の不注意と知識の無さから「ちびジョン」を死なせてしまったのですが、shironyanさんが猫ちゃんの為に精一杯やっておられる事を改めて知り、僕も見習わなければ・・・と思いました。
今は状態も安定しているとの事で少しホッとしています。

shironyanさんのブログを訪れる方は皆そう思うと思いますが、猫ちゃんはshironyanさんのような素晴らしい飼い主の元で暮らす事が出来て幸せだと思いますし、shironyanさんの深い愛情は、絶対に猫ちゃんに伝わっていると思います。ですから、猫ちゃんはshironyanさんに感謝してくれていると思います。
先々の事を思うと切なくなるでしょうけど、頑張って下さい。
猫ちゃんにも「頑張って!」と伝えて下さい。
そして、再び元気に外を散歩する姿が見られる事を楽しみにしています。

それでは、また。
* hanaman * 2008/02/16 6:02 PM *
こんばんは。

人間もにゃんこも、よい病院・よい先生を見極めるのって、とっても難しいですよね。
新しい先生、よさそうな感じですね。
そんな熱の測り方があること、わたしも初めて知りました。

猫ちゃん、辛いと思うけど、shironyanさんと一緒だから、安心してね。

shironyanさん、お気持ちお察しします、なんて言葉はふさわしくないっていうか、きっとわたしなんかには本当に理解することはできないのでしょうが…
応援しています。
猫ちゃんとshironyanさんの幸せをお祈りしています。
shironyanさんも体大切に。

(返事は不要ですよ〜)
* kubo * 2008/02/16 8:46 PM *
こんばんは。

お医者さん、変えてよかったですね。
なんか、ありえない。
全然違う答えを出すってことが。
お医者さん選びからしなきゃダメなんですね…

もう、何も言えません…
kuboさんが全部言ってくれてます。
同じ気持ちです。

猫ちゃん、shironyanさん、
北関東からもみんなのパワー集めて
送ってるからね!
そして、またお散歩に行けますように…

P.S こんな時に能天気なメール送っちゃって
  ごめんなさい!<m(__)m>
* kinreo * 2008/02/17 1:44 AM *
こんにちは
大変な時なのに貴重な情報ありがとうございます。
とにかく今は、
「猫ちゃん、がんばれー!」
「shironyanさん、がんばれー!」
名古屋からも元気パワーを送らせてもらいます。
* タウン15 * 2008/02/17 4:07 PM *
shironyanさん、こんにちは。ブログでは初めてコメントさせていただきますm(_ _)m

最近協会で見かけないので、どうしてるのかな〜と思いブログを覗いてみたら
猫ちゃんの容態が良くないことを知り、驚きました。

でも、思い切って病院を変えてみて良かったですね。
少しご飯も食べるようになってくれて
猫ちゃんの写真見ても、随分落ち着いてぐっすり眠ってくれているみたいですし。

生き物には全て寿命があると、理屈でわかってはいても辛いですよね。
ブログを見ててもいつもほんわか温かで、
優しいshironyanさんの人柄が伝わってくるので
猫ちゃんはshironyanさんと一緒に暮らせて、本当に幸せなんだろうなと思います。

とにかく今は猫ちゃんが回復してくれるよう、私も祈っています。
* tabby * 2008/02/17 4:52 PM *
お邪魔します
猫ちゃん、容態が悪化していたようで…
shironyanさんのはじめての猫、
そして何もかも初めて向き合わなければならない老いと病…
とても不安で、辛い日々ではなかろうかと拝察致します

それでも的確な診察とアドバイスを下さる先生に巡りあえたのは、shironyanさんの必死さが呼んだ僥倖ではないでしょうか
猫を飼ったことのない私には経験に基づかない無責任な「頑張れ」としか云えないのですが…

現実の生活のなかで、新たに出会えた先生や、にゃんこを飼うご友人、そしてネットという仮想世界でも、「老猫」仲間や、野良猫協会の猫を飼われている仲間がいて、アドバイスや自分の経験を語り、微力ながらもshironyanさんと猫ちゃんへの励ましになればとエールを送っていると思います

自由な外猫であった猫ちゃんには青空がとても似合います
外を歩き回る元気な猫ちゃんの写真を待ってます

こんなコメントでも少しでもshironyanさんの支えになるのなら…
と願わずにはいられません
* しろめ * 2008/02/17 8:30 PM *
shironyanさんこんばんは。
私も始めてブログおじゃましました、tabbyさん
と一緒で何故かここ何日かshironyanさんのコメント
みてないな〜と思いブログ拝見してびっくりしました。やっぱり猫ちゃん大好き人間達って何か感じる
事あるのかも。
猫ちゃんさん心配ですね、少し元気になったみたいでほっとしてますが、お気持ちお察しします。
私には男の子3人いますが、ときじ&はなも自分の本当の子供と同じ気持ちで愛しそしていとおしいと
おもってます。まして言葉がわからないのでよけいにいつもと違う感じの時は心配ですね。
ときじが尿結石のとき病院であと一日遅かったら危なかったと時はもうパニクリました。トイレに何回もいっては出ずやっと少し出時少し血がでてたので
あわてて病院に行ったら猫は2日ぐらい尿が出ないだけでも腎不全で危ないときがあるんですと教えらました。小さいからだなので若い猫ちゃん達でも
老猫ちゃん達でも病気はこわいですね。
毎日尿が出てるだけでいまはあ〜今日も一日元気で居てくれてよかったと元気でのんきそうに寝てる
ときじ&はなを見てるとほっとします。
いろいろと自分のことばかり書いてごめんなさいね
でもみんな同じような気持ちで猫ちゃんさんが
shironyanさんと少しでも一緒に居られるように
願っていることと思います。
また元気な猫ちゃんさんがお外で散歩できるように祈り待ってます。
* sihokoni * 2008/02/18 12:56 AM *
hanamanさん、kuboさん、kinreoさん、タウン15さん、
tabbyさん、しろめさん、sihokoni さんへ

みなさんの温かな励ましのコメント、本当にありがとうございます。
とても励まされ、しっかりしなくてはという気持ちのパワーをみなさんから頂きました。
今は、使える時間はできるだけ猫ちゃんのためにと思っていて、皆さんのブログへのコメントを控えさせていただいていますが、協会もブログも覗かせてもらっています。
猫ちゃんの生活が少し変わってしまったので、その生活に私が慣れたら、またコメントを書かせてもらいたいなと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします(^^)
* * ありがとうございます * * 2008/02/19 11:52 PM *
我が家のねーこも色々なことが起きました。
これからも何が起こるかわかりません。
その都度オロオロする私ですが・・・
高齢の症例が少ないみたいですよね。
対処療法でもいいので、本にゃんが楽な道がいいと思っています。
猫ちゃんのためにも、ご自分の身体もお大事にされてくださいね。
* ちよべー * 2008/02/20 12:21 AM *
ウニャウニャっ≦⌒ω⌒≧З
“猫ちゃん”っ!
お散歩は本調子になってからだニャンっ!
それまでは、しっかりと栄養とって療養するニャォっ≦ ̄δ ̄≧З

shironyanさんっ!
体調を崩さないようにニャァーっ≦ ̄δ ̄≧З
* あさいねこ * 2008/02/20 3:55 AM *
自宅での補液はどうですか〜?
にあも自宅で始めて、もう少しで一年になります。
ということは、食欲がほとんど無くて、
カラダもおしりの骨も触るとゴツゴツして、
歩くのもふらふらして辛そうだった頃から、
もうそんなに月日が経ったのですね。

たぶん、にあ〜の方が猫ちゃんより、
ずっと症状は重かったと思います。

でも、2月で19歳になりましたが、
食欲はすっかり戻って
今日のごはんは旨かったギャーッ!
まずかったぎゃーっ!と、
野獣のように叫んでいます。
いただいた「ギー」のおかげで
毛がツヤツヤしてきました。

うんち君ですが
にあも、ぷすーぷすーっと空気がもれた音が
するばかりで、
出たとしてもチョコボールが2,3個で
まだつまっているようなので
最近は、肛門のあたりを触って
チョコボールを感じたら
軽く絞るように手を添えて出るように
手伝っています。
ころんころんと出て、すっきり、すがすがしいのか
「うんちでたギャーッ」と叫びながら、
自分の湯たんぽカゴに戻っていきます。

猫ちゃんも、shironyanさんの気持が伝わって
大丈夫!体力回復しますよ。

がんばりましょう〜。



* にあの家族 * 2008/02/21 9:27 PM *
ちよべーさん、あさいねこさん、にあ〜の家族さん、
ありがとうございます!

皆さんの励ましとアドバイスと温かなメッセージのおかげで、この辛かった1週間を乗り越えられました。

昨日、猫ちゃんがはじめて自分からお皿の上のマグロの切り身を半切れ食べてくれました(T_T)ウレシイ〜〜
それまでは、手のひらに乗せたちょっぴりのご飯と指につけたギーとスポイトの卵の黄身少々だけの食事だったので、嬉しかったです。
自宅補液はまだまだ慣れませんが、にあ〜の回復した姿を思い浮かべて、焦らずがんばります。

まとめてのコメント返信でごめんなさい。
来週はみなさんのところへコメント回りに行きたいです。
* * ありがとうです * * 2008/02/21 11:22 PM *
お久しぶりです

その後 猫ちゃんの体調はいかがですか?
病院を変えるのは勇気がいる決断だったのでしょうね?
と以前の私ならコメントしたと思います
でも違うんですよね
うちの仔に一番いいアドバイスや治療はどれ?と
考えれば一箇所の病院や一人の先生にとらわれる必要はないと私自身の経験から今は思えるように

教えていただいたギーを作りたくて
やっとバターを入手できました
これから早速作ってみたいと思います

shironyanさん
頑張ってください そして猫ちゃんの体調が少しでも良くなっていることを願っています。
 
* サブマリマミー * 2008/03/08 12:08 PM *
サブマリマミーさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございました(^^)

病院を変えて、ちょうど1ヶ月経ちました。
輸液を受け取りに行ったり、便秘の相談に行ったりするたびに、先生から優しいアドバイスをいただき、本当に病院を変えてよかったです。
今日は、○んちの出し方を習ってきました!

猫ちゃんは、お刺身や生肉を少しだけあげる事で食欲が出るようで、最近は腎臓処方食にも口を付けてくれるようになりました。
これも先生からのアドバイスで、食べたい物を少しだけあげるという方法です。年齢が年齢なので、そのくらいはいいんじゃない?っていう考え方だと思います。
後は、毎日の輸液とギーと活性炭と小さなお薬を1粒です。
体重は、とうとう2.7kgになってしまいましたが、具合が悪かった1ヶ月前に比べて、瞳がとてもイキイキとぱっちりお目目になりました。
いろんな考え方があると思いますが、私と猫ちゃんが選んだ方法が、サブマリマミーさんの参考になったらウレシイです。
* * サブマリマミーさんへ * * 2008/03/11 8:49 AM *
こんにちは〜
その後、猫ちゃんの様子はどうでしょう?
にゃんこ仲間の応援メッセージやshironyanさんの前向きなコメントを見かけてはホッとしています。

猫ちゃんの野生パワーとshironyanさんの愛情パワーが早くよい方向へ向かうことを祈っています。

あせらず、ゆっくーり がんばってください(=^エ^=)
まいど勝手なコメントですみません。m(_ _)m
* タウン15 * 2008/03/16 2:26 PM *
タウン15さん、コメントありがとうございます(^o^)丿

ご心配していただいている皆さんに、猫ちゃんの姿を写真でお見せしようと思っているのですが、毎日あっという間に時間が過ぎていってしまいます(^_^;)

できるだけマッサージやスキンシップをしてあげたくて、コンピュータに向かう時間もすっかり減ってしまいました。

猫ちゃんの状態ですが、体調的には良い状態です。吐く事もめったになくなりましたし、○んちも定期的に自力で出ています。殆んどの時間を横になって寝ていますが、その姿はスヤスヤと気持ち良さそうに見えます。
ブリやマグロのお刺身と、子猫ちゃんの離乳食が最近のお気に入りのごはんです。体重は、2.3kgになってしまいましたが、一生懸命食べている姿を見ると、感動しちゃいます。
先日、1ヶ月ぶりに外へ出たいと行ったので、抱いて連れて行きました。写真が撮れたので、近々アップしますね(^^)
タウン15さんのブログへもおじゃまさせていただきます♪
* * タウン15さんへ * * 2008/03/18 10:06 PM *
タウン15さんへのコメント読ませてもらいました。猫ちゃんさんが少しづつ元気になっていて穏やかに一日一日をshironyanさんと過ごされている
様子であ〜本当によかったと心からそう思いました。少しでも永く一緒に居られますように茨城から
エール送ってますからね。
お返事などしないでくださいね、その時間が有ったら猫ちゃんさんと一緒に居てください。
協会のみんなもそう思ってますよ、きっと。

もうすぐ美しい桜が見られますね、猫ちゃんさん
も桜の花の下を散歩できますね。
* sihokoni * 2008/03/19 5:22 PM *
sihokoniさん、コメントありがとうございました!
うれしかったです(^o^)丿

猫ちゃんのこと心配してくださり、みなさんの温かな気持ちがいつも伝わってきます。
人間の5倍の速さで時間が過ぎていく猫ちゃんなので、一緒の時間を大切にしています。
猫ちゃんが出来なくなってしまった事を、私が代わりにしてあげることで、気持ちよく暮らせたらいいなと思っています。

いつか、この時間とこの気持ちが、誰かに、あるいはどこかの猫さんに役立てられるようにと、勉強のつもりです(^^)
また、協会でいろんな可愛いにゃんこちゃんにコメントしたいなって思っています。
* * sihokoniさんへ * * 2008/03/20 5:22 PM *
shironyanさんこんばんは。
始めてブログおじゃましました。
病院通いご苦労さまです、病院を変えるのは心配ですよね、よくわかります。でも病院を変えていろんな獣医さんに聞くのも良いことだと思います。
少しずつ良くなるといいですね。応援してます。
P.S今年我が家に陸ちゃんと岳ちゃんの2匹がきました。岳ちゃんは昨日来たばかりです。
* thyouyou * 2008/03/24 1:00 PM *
thyouyouさん、ブログに来ていただきありがとうございます!とっても嬉しいです(^^)

猫ちゃんのことも心配していただき、本当にありがたく思います。
thyouyouさんも、優君と一緒に闘病生活を送っていたので、いろんなご苦労があったんですよね。今ならきっとthyouyouさんの気持ちが少しわかる気がします。
猫ちゃんは、ちょっとずつ足腰や筋肉が弱ってきていますが、いつも気持ち良さそうに眠っていたり、ベッドから私を見ていたり、穏やかに過ごせています。
自宅介護を選択して良かったなと思います。

thyouyouさんは、陸ちゃんの他に岳ちゃんも迎えたんですね!可愛いでしょうね〜(^.^)
協会デビュー、楽しみにしていますね。
皆さん全員にコメントできないので、今は協会のコメントもお休みしていますが、いつも見ていますよ(^o^)丿
* * thyouyouさんへ * * 2008/03/26 11:05 PM *
野良猫協会のPMありがとうございます。
たいへんでしたね。そして、ご苦労様でした。
きっとねこちゃんも「今までありがとう」って言ってますよ。うちも優くんを亡くしてますからよく解ります。
落ち着かれましたら、協会へ遊びに来てください。
* thyouyou * 2008/04/03 10:21 PM *

こんにちは。
Pet-Webというペット専門クチコミ情報サイトの運営局です。
今回ご連絡させて頂きましたのは、2月よりベータ版をリリースした『Pet-Web』へ新たにブログランキングを開設致しました。
つきましては、是非あなた様のブログをご登録して頂き、他の皆様との情報交換や情報共有にお役立ていただければと思い、ご連絡させて頂きました。
http://www.pet-web.jp
からサイトにて会員登録して頂きプロフィールよりブログURLをご入力いただければ、簡単にランキングへ参加できます。
また、あなた様のブログに専用バナーを貼り付ける事で、あなた様のブログからのアクセスをカウントし更にランキングを上げることもできます。
その他にも、ペット施設検索機能や、施設へのクチコミ情報の投稿や閲覧、マイマップ機能、アルバム機能など、皆様が楽しめる機能も満載です!
きっとあなた様のブログのアクセス数アップや、あなた様とペットの生活を更に素敵なものにするお役立てができると考えております。
是非一度遊びに来ていただければ幸いです。

■ サービス名:Pet-Web(ペットウェブ)
■ URL  :http://www.pet-web.jp
■ 利用料  :無料

長文になりまして、誠に申し訳ございません。
よろしくお願い致します。
* ペット専門クチコミ情報サイトの運営局 * 2008/04/14 10:23 AM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://naturetrail.jugem.jp/trackback/47
トラックバック