<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 18歳の「にゃん」 | main | 春のサイン >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*猫のいる生活〜レオ君*
猫 レオ
猫がある日突然家にやってきて、一緒に暮らすことになったら...。
猫好きな人は幸せと思うかもしてないけれど、そうじゃない人はどうなんだろう。
猫 レオ
レオ君は、野良として生まれ、保護された場所で猫エイズと診断され隔離されていた。
その後引き取られた家にはすでに2匹の猫がいたので、病気が移ることを心配して彼女の両親の家にもらわれてきた。
以前、老夫婦は猫は好きではないし面倒だと言っていた。
猫 レオ 眠っている
だけど、レオ君はとても可愛がられている。
老夫婦は猫を相手に話しをし、お父さんの釣った新鮮なお魚ももらっていた。
猫の不思議な魅力。
今ではレオ君が、二人に小さなシアワセをもたらしている。
〜北海道で暮らすレオ君 1歳6ヶ月〜
* comments(10) * trackbacks(0) * 外のにゃんこ * 22:07 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 22:07 *
コメント
お久しぶりです。

猫好きぢゃない家だったら・・・
なんて、考えてもみなかったですね・・・

でも私も会社の人に我が家の
かわいい黒にゃんの写真を見せたら
「気持ち悪い」って言われたことあります(泣)
そんなことを言われるなんてこれっぽっちも
思っていなかったから。人生で一番へこんだ日だったかも!
こにゃんこ見ても嫌いな人は気持ち悪いとしか思えないんだ!
って思って悲しかったし、考えさせられました。

レオ君は今老夫婦の方にシアワセを
振りまいているんですね、よかった!!
これから先、辛いこともたくさんあるんだろうけど、
何もしてあげられないけど、どうか1秒でも長く
老夫婦にシアワセを振りまいてあげられるように!
北関東から微力ながら応援しています(^^)

あ〜〜何言ってるか分からなくなってきたけど、
頑張ってって言いたいんです。
病気に負けるなって!
その不思議な魅力で老夫婦の方を
更にメロメロにしちゃってって!
* きんれお * 2007/04/16 11:45 PM *
いらっしゃいませ♪コメントありがとう!

kireoさんの悲しい想い出、私も涙〜。
猫嫌いな人にとっては、気味が悪いとか怖いとか、そんなイメージあるんでしょうね。
でも、猫と暮らしてはじめて猫の面白さがわかったという友人もけっこういます。みんな癒されているし猫馬鹿さんになってます(^o^)
kinreoさん一家は、超が100個くらい付く猫好きさん一家だから、にゃんこたちも本当にしあわせですよね!

レオ君も今は幸せなので安心してください!病気も前よりとっても調子良さそうでした(^^)v
王子様と偶然同じお名前で、うれしかったです!
* shironyan * 2007/04/17 12:42 AM *
ウニャニャーーっ≦⌒◇⌒≧З
レオ君の落ち着く先もちゃんとあって、
ニャン嫌いな人も、だんだんと好きになってと……。

今では家族の一員となったことでしょうねっ≦⌒◇⌒≧♪
* あさいねこ * 2007/04/17 10:56 PM *
あさいねこ様 いらっしゃいませ☆
レオ君、あちこちたらい回しされていたので、人懐っこい性格です。
人間不信にならなかったのが救いですね。
家族の仲間入り、それも孫みたいに可愛がってもらってます(^^)v
* shironyan * 2007/04/18 12:21 AM *
いい話ですね。みんな動物飼うの渋りますよね。死ぬのが悲しいとか。でも飼う喜びのほうが大きいような気がする。ウチも犬飼うときは自分が勝手に連れてきちゃったんだけど、以後その犬なしには考えられない生活になりました。
* otemotoedity * 2007/04/19 3:30 PM *
こんばんは♪
そして、おくればせながらですが、お帰りにゃさ〜い♪
お土産の花咲カニとトウキビチョコは?

なーんておちゃらけちゃいましたが…

レオ君、よかったですね、いい飼主さんに恵まれて。
きっとそのご夫婦に暖かい生活を貰ったご恩返しに、穏やかなキモチを与えてくれているのだと思います。
猫の不思議な魅力ですよね。

ところで、突然動物を飼う…遙か昔の小学生の頃、突然、年老いたニワトリ(♂)を飼うことになったことを思い出しました。妹が、学校帰り、野良犬に捕らえられた瀕死のニワトリを助けて家に連れ帰ったのです(どんな妹やねん)。どこのニワトリかもわからず、かといって、その辺にはなすわけにもいかず、両親は戸惑いながらも、借家の猫の額ほどの庭で飼うことを許しました。見るからにヨボヨボの爺様で、名前は「ひこひこ」に。卵を産むわけでなく、朝は早くから鳴くし、みてくれはお世辞にもよくはなかったけれど、それでも飼えば愛着もわくし、かわいくもなったものです。
* しろめ * 2007/04/19 10:00 PM *
otemotoedityさんいらっしゃいませ。
コメントありがとです♪
otemotoedityさんも猫だけでなく動物好きなんですね!子供時代の私も何匹子犬を拾ってきたことか...。その度に、両親が里親を探してくれました。何度か里親で飼われている犬を見に連れて行ってもらいましたが、子供心に幸せになって良かったなと感じた記憶がありますよ。
* otemotoedity様へ * 2007/04/20 9:53 AM *
いらっしゃいませ♪
お土産...(汗)、次回写真でアップしようかな?お楽しみに♪

レオ君、薬を飲んだら調子が悪くなり今は針治療してます。動物の針治療、田舎では流行ってるみたいです(^_^;)副作用がないので安心だし、人間も副作用が毒ってよく言われますからね〜。

しろめさんの妹さんの気持ち、すごくわかりますよ。私も動物を拾う名人(そんな名人いないか?)で、幼稚園児の頃から両親を悩ませていたみたいです。いろんな動物飼ってましたよ。笑えるところでは、夕食に買ってきたアサリを飼いたいといって駄々をこねて飼っていたようです。自分でも笑えますが〜(>_<)「ひこひこ」もきっとどこかでいつか鶴の恩返しのように家族に幸せをもたらしてくれるはずです!
そんな私に似たような妹さんが猫アレルギーなのは、本当に可愛そう(T_T)いつかニャンコが飼えるようになるといいですよね!
* しろめ様へ * 2007/04/20 10:09 AM *
おはようございます。
レオくん、とても病気に思えません。
幸せな気持ちは、痛みや苦しみも和らげてくれる。
そんな人と動物との共存関係・・・続いてほしいと思います。
心や体に多くのキズ・痛みをもつ最近の人間社会ですが、
動物社会はもっと深刻なような気もします。
レオくんを保護された方、引取られた方、老夫婦そして、
ここにコメントされている優しい気持ちの方々がみえることが、
何故かとてもうれしく思えます。
* タウン15 * 2007/04/21 10:18 AM *
いらっしゃいませ〜♪コメントありがとうございます。
タウン15さんのおっしゃるとおり、本当に世の中が病んでいますね。
ニュースを読むことが、ストレスになる社会になってしまった気がします。
最近も猫の死体が100匹も...とかニュースになっていましたよね。
殺人事件は日常的になってしまったし。
個人が、身近な人や動物を愛する気持ちを持てなければ、近所や街や国や世界のことを思いやることなんてできないと思うので、そんなニュースを見ると悲しいですね。
皆さんの優しいコメントは、本当に救われます(^o^)
* タウン15様へ * 2007/04/21 5:35 PM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://naturetrail.jugem.jp/trackback/14
トラックバック